売り手にとっては、下取りや買い取りよりも高く売ることができます。マイナス評価になるようなドレスアップやパーツ類も共通の趣味の人にはプラス評価に転じます。過度な改造やチューニングは通常のルートでは買い手を見つけることも難しく、買取では足元を見られた見積もりにしかならない車や低年式車、不人気車などにも値段がつくこともあります。一方、買い手にとっては中間マージンや消費税がかからない分、中古車ディーラーよりも安く車を買い取ることが可能です。マニア向けの旧車や外車などが見つかり、市場よりもかなり安く手に入れられることもあります。
しかしながら、相手の素性が分からずに商談を進める不安があります。支払い能力があるのか、名義変更など確実にしてくれるのかなどの不安は尽きません。車の状態も実車を見るまではっきりと分かりません。相手のペースで商談を進められ、後になって悔やんでも悔やみきれません。売り手にしても、確実に車が売れる保証はありませんし、車の情報発信や書類の準備などの手間と時間を考えると、少しくらい安値でも下取りや買取の方が楽だと思えます。また、両者ともに注意しなくてはならないのは、お互いに素人であることで生じる問題です。契約書など不慣れな書類の未作成や不備、商談での準備不足などは予期せぬトラブルをもたらし、精神的な疲労につながります。素人目には分かり難い修復歴や故障などもトラブルの元となります。これら諸問題の解決に業界団体や公的機関は動いてくれませんので、自己責任で解決しなくてはなりません。

車売るなら人気の一括査定